MIYATAお菓子ブログ

毎年2月28日は『ビスケットの日』というのをご存じですか?

ビスケットは、日本には戦国時代に伝わり、明治になって製造されたといいます。
日本でのビスケットの歴史は、長崎周辺で外国人向けにだけ作られていたものを
水戸藩が“保存のきく食糧”という点に注目し、その製法を調べたのがきっかけ。
水戸藩士の蘭医 柴田方庵がオランダ人から学んだビスケットの作り方を手紙にし、
安政2年(1855年)2月28日に、水戸藩に宛てて送った史実があります。

社団法人 全国ビスケット協会が、この史実を考えあわせ、昭和55年(1980年)に
毎年2月28日を『ビスケットの日』と定めたそうです。

ビスケットの名前はフランス語のビスキュイ(biscuit)から来ています。
『2度焼き』という意味だそうで、パンの保存性を高めるために作られたラスクがそれに
あたるようです。 ←語源を調べると日本でいうビスケットとは違いますね…。

『ビスケット』といっても種類はさまざま。
原料の配合・作り方によってハードビスケット・ソフトビスケット・クラッカー・乾パンなどに
別けられます。
ソフトビスケットとは、日本でいうクッキーのことです。
クッキーとビスケットは各国で呼び方が違い、米国では両者をクッキーと呼び、英国では
両者をビスケットと呼んでいます。

『ビスケットの日』ということで、2月28日のおやつはビスケットに決まりですね♪

このページの先頭へ戻る
その他 ]  2010年2月23日

旬の苺

苺が旬を迎えております。
この季節と言えば、やはり苺狩り!!もう行かれましたか?
苺狩りに行くとおいしさのあまり、ついつい食べ過ぎてしまうという方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

苺は品種よって甘味や形、大きさなどそれぞれ特徴があります。
一般的に知られている品種でいうと、『とよのか』・『とちおとめ』・『あまおう』だと
思いますが、実は25品種以上もあるそうです。
ご存じでしたか?

((苺狩りに行っても、おいしい苺の見分け方が解らないと損!))

…ということで調べてみました!

☆おいしい苺の見分け方☆
1、色鮮やかでムラがなく光沢のあるもの。
2、ツブツブが立っているもの。
3、ヘタの周辺が白くなっていないもの。
4、ヘタの色が濃くて元気に張って反り返っているもの。

苺の成分は、90%が水分。ついつい食べ過ぎてしまう方はトイレが近くなって
しまうので要注意ですね…。

通年で売っているショートケーキなどに入っている苺は甘みと酸味のバランスが
取れていて日持ちもよく、1年中収穫できる『雷蜂』という品種を使っているところが
多いそうです。

苺狩りに行かれない方でも、売り場には苺のスイーツやお菓子など季節限定などで
旬の苺を使った新商品が続々と出てきていると思います。

みなさんも色々な品種の苺・苺を使った新商品を試しに食べてみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ戻る
新規商品 ]  2010年2月22日

★新商品★

2月20日(土)

新商品が発売されました。

ゴツッッとカラッッとした食べ応え満点の揚げせんです。

こってりしたあまくち醤油味とさっぱりした塩味の2種類です。

昨年秋まで同様の商品を販売しておりましたが、生地の堅さに

こだわり食べやすく、リニューアルしました!

ぜひご賞味ください!!

このページの先頭へ戻る
ご挨拶 ]  2010年2月15日

ブログ開設しました

本日よりお菓子ブログを開設しました。

当社の新規商品や、全国の営業が見つけたお勧めのお菓子などを
中心にご紹介したいと思っております。

また、お菓子にまつわる情報などもどんどん紹介していきます。

よろしくお願いいたします。

このページの先頭へ戻る