MIYATAお菓子ブログ

その他 ]  2012年3月19日

春のお彼岸に♪

朝晩はまだ冷え込みますが、今週は晴れの日が続いてやっと春らしい陽気になってきましたね。

暦の上でも春分の日が近づき、お彼岸の時期がやってきます。
彼岸とは春分の日と秋分の日の前3日と後3日の間の7日間を言い、春分(秋分)の3日前の日を「彼岸の入り」、3日後を「彼岸の明け」と言います。春分・秋分は、その中間に位置しますので、「彼岸の中日」と呼ばれます。

この彼岸は仏教行事ですが、日本独特の行事で他の仏教国には無いものだそうです。 ちなみに、「彼岸」とだけ言った場合、これは春の彼岸を指し、秋の彼岸は「秋彼岸」または「後の彼岸」と言うのが本当というのはご存知でしょうか。

昔から、彼岸には先祖の霊を敬い墓参りをする風習があります。また地方によって若干の違いはありますが、ぼた餅、おはぎ、団子、海苔巻き、いなり寿司などを仏壇に供え、家族でもこれを食すと言った風習も残っています。

仏壇やお墓を美しくととのえて季節の花や水、そして故人の好物をお供えをする。実際には、毎日心がけて行えばいいのですが、忙しいこの現代では、なかなか思っていても出来ないものです。せめてお彼岸の7日間くらいは行いたいですね。そして、家族そろってお墓参りをし、故人を偲びたいものです。

☆お供え菓子におすすめ☆


このページの先頭へ戻る
その他 ]  2012年3月3日

3月8日は・・・

まだまだ寒い日が続いていますね。
今年は寒波が居座って、4月頃まで寒さが続くようです。
この際ですから、ウィンタースポーツをこれでもか!というくらい満喫しちゃいましょう!!

ところでみなさん、3月8日は何の日かご存知ですか?
単純に語呂あわせですが、「ミツバチの日」だそうです。
スーパーによっては、「はちみつ特集」のようなコーナーが設置されているところもあるようですので、
もし見かけたときは覗いてみてくださいね♪

蜂蜜の効能は、健康面・美容面の両方で数多くの要素が挙げられます。
代表的なものとしては体内に取り込まれてから素早くエネルギー源として働き始める「疲労回復」、
蜂蜜に多く 含まれているカリウムが体内の余分な塩分を排出してくれる働きの「高血圧予防」などがあります。
体が弱っていたり、疲れがたまっている時、スポーツ等の運動後の肉体疲労時にオススメですよ。

そのほかにも女性に嬉しい「便秘や下痢の改善」、「強肝作用」などもあるとされています。

当社では、こんな「はちみち入」菓子を扱っていますよ。

蜂蜜は、良質なビタミン類やミネラル類をはじめ、アミノ酸や酵素といった栄養成分も豊富に含み、
非常に栄養価の高い健康食品です。
濃厚で甘いというイメージからカロリーが高いといった印象を持たれている方も多いと思いますが、
砂糖と比較するとカロリーは少ないのです。
ショ糖(上白糖)が100g当たり384 Kcalであるのに対し、蜂蜜100g当たりは294Kcalです。

また、子供が風邪を引いたとき等に咳が頻繁に出たり、なかなか止まらないことがあるかと思います。
そのような症状の咳止めとしても蜂蜜が有効で、アメリカの大学の研究チームが行った調査によると、
小児用の市販薬よりも蜂蜜の方が効果があったという結果も出ているそうですよ。

ちなみに私のお気に入りは、 ヨーグルトにバナナと蜂蜜を入れる食べ方です♪

このページの先頭へ戻る
その他 ]  2012年3月1日

しょうがの力

まだまだ寒い日々が続いておりますが、全国各地で花粉の飛散が始まりました。
花粉が大量に飛散した昨年に比べれば、今年は平年並みと予想されています。
みなさま花粉症の対策は始められていますか?

近年、花粉対策としてヨーグルトや緑茶が、注目を浴びてきました。
そんななか私が今年注目しているのは、「しょうが」です!

みなさまもご存知の通り、今年の冬はしょうがを使用した食品が多く見られ、ブームになりましたね。
生姜飴、生姜かりんとう、生姜はちみつ、生姜紅茶など、何か一つは召し上がったことが
あるのではないでしょうか。

冬の寒さに活躍したしょうがですが、最近では花粉にも効果を発揮することがわかってきました。
生姜の辛み成分であるショウガオールに、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど花粉症の症状を抑える働きが
あるそうです。
また、体を温める作用は新陳代謝を上げるため、花粉症にも効果があるそうです。
冬に引き続き、春の花粉にもしょうがが期待できます!

これから始まる本格的な花粉のシーズンに憂鬱な気分になる方も多いと思います。
今年はしょうがを摂取して体の中から治癒してみてはいかがでしょうか。
ご自身に合った対策を見つけて、快適な春をお過ごしください。

このページの先頭へ戻る